iPhoneGoods

iPhoneケース、カバー、バンパーなど人気のアクセサリーの最新情報を紹介

iPhone5S最新情報

iPhone5Sの要注目ポイント

投稿日:

見た目はほぼ同じですが中身は2倍!!
iPhone5SはiPhone5そっくりですが、中身のハードウェアはぐっと改善され、全てがより速くなります。アップルいわく、2倍の速さになります。そして指紋スキャナも搭載されています。

image

デザイン

ホームボタンには指紋スキャナのシルバーまたはゴールドのリングが付いてますが、他はほとんど同じです。
色はiPhone5Sには従来の黒とシルバー(今までの「白」)に加えて、ゴールドという選択肢が加わりました。

バッテリー

連続通話が10時間、LTEでのブラウジングも10時間、スタンバイで250時間
iPhone 5では、8時間、8時間、225時間でした。

カメラ

iPhone5SにはデュアルLEDフラッシュ搭載でiPhoneで撮る写真は今までより自然に、バランスが取れたものになると期待できます。
画素数は、従来と同じ800万画素にとどまりましたがiPhone5Sのレンズは今までより明るいF/2.2、センサーも15%大きくなります。これで今までより感度が33%アップして、より良い写真が撮れることになります。
オートフォーカスは2倍速くなり、自動手ブレ補正機能も搭載、新しい連写モードでは1秒間に10フレーム撮影できます。iPhone 5sが連写した写真を分析して、一番良さげな写真を見せてくれます。iPhone 5sではスローモーション撮影もでき、720pの動画を120FPSで撮ることができます。

内部パーツ

iPhone5Sには、新しい64ビットのA7チップが搭載されました。スマートフォンとしては初の64ビットチップになり、iPhone5の2倍、初代iPhoneと比べたら40倍も速くなります。
iPhone 5sはOpen GL ES 3.0にも対応し、グラフィックス性能もかなり強化、この点では初代iPhoneの56倍という速さになります。A7チップには、汎用レジスタが従来の3倍、浮動小数点レジスタが2倍、そして10億以上のトランジスタが搭載されています。
A7に加えて、アップルは「モーション・コプロセッサ」、名づけて「M7」を導入しました。これは加速度計やジャイロスコープ、コンパスとともにつねに動作データを計測するためのものです。これらのデータをアプリに使わせることで、A7チップに負担をかけずに、「新世代の健康・フィットネス系アプリ」が実現されるはずです。

指紋スキャナ

iPhone5Sのホームボタンには指紋スキャナ「Touch ID」。従来のパスコードに指紋スキャナが加わることで、セキュリティがさらに強化されます。アンロックするときは、ホームボタンに親指をおくだけでシルバーのリングが指を検知するので、ボタンを押す必要はありません。
「Touch ID」iTunesで決済するときにも使えます。複数の指紋の登録が可能です。

-iPhone5S最新情報

執筆者:

関連記事

日本のappstoreでiPhone5Sが正式公開

appleの正式発表にあわせて日本のappstoreサイトでの詳細が紹介されています。   iPhone5Sのカラーはゴールド、シルバー、スペースグレイの3色   iPhone5S …

iPhone5Sの「シャンパンゴールド」が大人の雰囲気でリッチな印象

iPhone5Sのカラーバリエーションとして「シャンパンゴールド」がでるとの噂。 iPhone5Sの「シャンパンゴールド」とされるバックパネルがリークされています。 今までiPhoneといえばブラック …

SIMフリーiPhone、日本でも販売開始!5sは71,800円から

 アップルは22日、SIMフリー版iPhone 5s/5cの販売を開始した。オンラインApple Storeで既に購入可能となっている。  価格は、iPhone 5sの16GBモデルが71,800円、 …

iPhone5Sの説明書代わりに使えるマニュアル本や解説本「ベスト7」

iPhone5Sには説明書がないので、説明書代わりに使えるマニュアル本や解説本が数多く発売されています。その中でも人気の物やおすすめのものを一気に紹介します。 週刊アスキー2013年11月15日増刊 …

カテゴリー