iPhoneGoods

iPhoneケース、カバー、バンパーなど人気のアクセサリーの最新情報を紹介

バックアップ 最新情報

iPhoneを紛失して100万円を請求されないようにやっておくべき3つのこと

投稿日:

海外旅行をした際に「iPhone」の盗難にあい利用停止届を出したが、その間に犯人が通話に使ったためソフトバンクから利用料100万円近い請求が来た、ことがが「ツイッター」で話題になっています。
そんなことにならないように事前にすべきことをまとめました。

image

iPhone紛失で「100万円」の請求


・海外で「iPhone」を紛失し「100万円」の請求書が届いたという話が話題に
・被害者はバルセロナ滞在中に盗難にあい、通話請求料が高額になったそう
・警察などにも相談したが、打つ手はないとのこと
引用:livedoorNews http://news.livedoor.com/article/detail/8576624/

「iPhone」海外で盗まれ、100万円の利用料請求が来た 契約者が支払わなきゃいけないのだろうか

約款上はスマホが盗難され悪用された場合でも発生した金額の支払いは契約者が行わなければならないが、お客の申告内容や事情によっては個別に考慮することになる場合もある、ということだった。ドコモにも話を聞いてみたが同じ見解だった。KDDIは個別のケースについては答えかねるが基本的に「支払いは契約者」、ということだった。
引用:Jcastニュース http://www.j-cast.com/2014/02/27197898.html

iPhoneを紛失して100万円の請求をされないようにやっておくべき3つのこと

1 iPhoneを遠隔操作できるようにする

・「iPhoneを探す」アプリのダウンロード
・ホーム画面上の「設定」をタップし、iCloudの設定画面を表示し、iCloudの設定画面にて、「iPhone(iPod/iPad)を探す」機能をオンにする
・PC版iCloudにログインするためのAppleIDとパスワードの設定し、忘れないように記録する

これでiPhoneを無くしてもPC上で「iPhoneを探す」を使い、iPhoneの捜索/iPhoneを鳴らす/メッセージの入力/データの消去を遠隔操作で行うことができます。

2 iPhoneのデータをバックアップ

「設定」>「iCloud」>「ストーレージとバックアップ」
電源・Wi-Fiが接続されていれば、1日に1回自動でバックアップされます
「今すぐバックアップを作成」をタップすれば、Wi-Fiさえ接続されていれば手動でバックアップをすることも可能です。

3 LINEのデータのバックアップ

LINEのデータが全て消えてしまってから、LINEでしか繋がっていない友人が多い、ということに気づきますので、その前に保存しましょう。
「設定」>「アカウント」>「メールアドレス登録」の手順で進めていきます。
「メールアドレス登録」の横に未登録と表示されている場合は、最初にLINEの設定をしたときに電話番号だけで登録した人ですので、確かめてみてください。
登録を終えれば、PC上のLINEでログインすることができます。

-バックアップ, 最新情報

執筆者:

関連記事

車移動中に便利!車の中でもコンセントでiPhoneを充電できるコンパクトインバーター

家庭用のコンセントが車で使えるようになるカーアクセサリがありました。iPhoneやiPadの充電はもちろん、デジタルカメラの充電、パソコンの充電、などなど家庭用のコンセントを使う様々な機器を車の中で充 …

iPhoneやiPadで「君の名は。」を500円でいつでもどこでも視聴する方法

DVDとブルーレイの予約が大人気と話題の「君の名は。」ですが、あわせてU-NEXTで配信されるのでiPhoneからもいつでもどこでも視聴可能になります。

iPhoneのイヤホンジャックを有効活用!「ジャックペン(Jackpen)」が人気

たまに外出先で筆記用具が必要になることってありますけど、手ぶらで出かける時にペンを常備する人は案外少ないのでは? そこでこの『ジャックペン(Jackpen)』さえあれあば、常にスマホのイヤホンジャック …

iPhone6/6Plusで使える自撮り棒(セルカ棒)のamazonなど通販人気商品

米TIME誌が2014年最高の発明品として認定した「自撮り棒」ですが、かなりいろんな商品が発売されているので、どれが良いのか迷っている人も多いと思いますのでネットで人気の商品を紹介します。 なお、自撮 …

水没したスマホが90%復活する緊急キットがすごい!

スマートフォンを水没させた経験のある人や水没させてデータが失われたら困るという人は多いと思います。そのような方に強い味方となる商品がワールドビジネスサテライト(WBS)で紹介されていました。 スマート …

カテゴリー